文学Zone

 

Sexy Zoneが過去に紹介したり読んだと言っていた本・漫画の一覧。セクガル歴が浅いので網羅できてないと思うけど、わかり次第都度更新で。順不同。

出典はどこまで詳細に書いていいかわからないので、少しぼかしてます。

元々ふまけんが読んだ本をリスト化したかったので、しょり聡マリの情報はこれから集めていきます。

  

◆健人くんのおすすめ本◆

図書委員・健人のBOOKナビより。

 

雑誌より。

 

ラジオより。文庫Xとして売っている本を読んだと話していた。

 

セクチャンで風磨くんに向かって「鹿男あをによし」と言い放つ。本の内容を連想させる場面だったので、たぶん読んでる。

 

  • 百瀬、こっちを向いて。/田中永一

雑誌より。

 

※出典不明。

 

テレビで読書が苦手と言うA.B.C-Zの塚ちゃんに勧めている。

 

メレンゲで紹介。他番組でも「カワサキ・キッドを読んだことをきっかけにファンになった」と話している。

 

メレンゲで大学の論文を書くときにも引用させて頂いたと紹介。

 

  • 深海生物〜奇妙で美しいいきもの〜/石垣幸二

2015年にツイテッターで紹介。キホウボウを「キレイでちょっとセクシー」と話してる。

 

周知の事実。もちろんセクチャンTSUTAYA回でも紹介してる。

 

図書委員・健人のBOOKナビより。

 

図書委員・健人のBOOKナビより。ラジオでも「大好きでアニメもケーブルテレビで全部見た。ベジータが好きで髪型も真似した。」と話してる。

 

雑誌で『人生でもっとも影響を受けた”物語”』として紹介。

 

ラジオより。幽☆遊☆白書が好きと発言。アニメを見たのか漫画を見たのかはわからないけど書いておく。

 

セクチャン TSUTAYA回でも冒頭で紹介。雑誌でも紹介。

 

セクチャン TSUTAYA回で「物凄く好き」と紹介。

 

セクチャン TSUTAYA回で紹介。

 

セクチャン TSUTAYA回で紹介。

 

セクチャンTSUTAYA回で暗殺教室を選ぶマリウスに「おれも好き」と言っている。

 

セクチャンTSUTAYA回でONE PIECEを紹介する勝利くんと「エネル編の前?」会話してる

 

主演映画公開時に「原作も好き」と話していた気がする。

 

主演映画時に「原作を読み込んだ」と話していた。

 

ラジオで、君に届けがおもしろいと話していたらしい。

 

ラジオで読んだことがあると話していた。

 

ラジオで読んだことがあると話していた。

 

※出典不明

 

※出典不明。何かでエマの感想を話していたとのこと。

 

 

◆風磨くんのおすすめ本◆

公式で最近読んだ小説がすごく面白かったと話してる。作品名と著者を明言してないのでわからないけど、罪の声か64のいずれかじゃないかと言われてる。

 

おじいさんに買ってもらい「受験勉強が辛くなった時に、この言葉を思い出している」と話している。

 

  • ハッピーバースデー命輝く瞬間(とき)/青木和雄

雑誌で『人生でもっとも影響を受けた”物語”』として紹介。

 

読みたいと話していたらしい。未読か読了か不明、著者も不明。

 

※出典不明。出典を調べても全然出てこないので、読んでいないかも?

 

風磨くんと言えばドラえもん。全巻持ってる。いろんな場面で目をキラキラさせて「ドラえもん大好き」と話してる。

 

セクチャンTSUTAYA回で「ぼくの人生のルーツ」と紹介。

 

セクチャンTSUTAYA回で超おもしろいと紹介。

 

 

勝利くんのおすすめ本◆

ラジオより。岸くんに勧められて気になってると。恐らく未読。

 

ラジオより。出演が決まった後すぐに全巻買ったと言っていたので、恐らく読了。

 

  • 奇跡のりんご/石川拓治?

雑誌より。基本的にフィクションよりノンフィクションが好きらしい。

 

雑誌で『人生でもっとも影響を受けた”物語”』として紹介。

 

セクチャン ヴィレヴァン回にてこの本が好きでおすすめと紹介。

 

セクチャンTSUTAYA回で「説明要らないよ、見ろ!って感じ」と紹介。

 

セクチャンTSUTAYA回で紹介。途中で一度止まるとそのまま止まってしまうと話しているので全巻は読んでない様子。

 

聡ちゃんのおすすめ本◆

雑誌で『人生でもっとも影響を受けた”物語”』として紹介。

 

セクチャンTSUTAYA回で紹介。

 

 

◆マリウスのおすすめ本

 雑誌で『人生でもっとも影響を受けた”物語”』として紹介。

 

※出典不明。

 

※出典不明。タイトル・著者不明。どの本が確認中。 

 

セクチャンTSUTAYA回で「学校で人気でぼくも好きになった」と紹介。 

 

 

マクベス

 

こんにちは。

最近読んだいくつかの本に、シェイクスピア著の『マクベス』をオマージュした表現があり、原作に興味を抱き、初めてマクベスを読んでみました。

 

そしたらなんと!2013年12月7日〜2014年1月27日まで公演されていた『JOHNNYS' 2020 World』、通称『トニトニ』でふまけんが一部マクベスを演じていたんですね!しかもその配役がエッモーショナー!!!(emotional)だったので、Twitterで呟いた内容を備忘録代わりに以下に記しておこうと思います。

ちなみにトニトニは観劇してないので、100%想像と深読みです。笑 ごめんなさい。笑

 

*****

 

マクベス(新潮文庫)を読んでるんだけど、血腥い悪役のマクベスをケンティに、清廉潔白で情深いマルカムを風磨くんに配役してくれたジャニーさん素敵。

だって、悪役を演じるケンティはゾワゾワして大好きなんだもの!!!

そして、父ダンカン王譲りの清く正しい人柄の持ち主マルカムを、当時最高潮に反抗期だった風磨くんに配役してくれるなんて…素敵…!!

 

ここから先は、原作のマクベスを健人くん、風磨くんに照らし合わせながら、思う存分、私の深読みをぶちまけたいと思います!

マクベスの原作を説明した部分は赤で書いていきます。

 

*****

 

マクベスは自分の理想(王位奪取)の為に人徳ある家臣ダンカン王を暗殺し王位奪取、その後自分に謀反を起こしそうな人を次々と暗殺していくが、徐々に自分が殺した相手の幻影に苛まれていく。
もしやこれはジャニーさんからアイドルサイボーグ健人くんへの裏メッセージ?(いや、深読みだけど)

健人くんは自分のアイドルとしての理想を実現する為に自身に内在する『もう1人の自分』を殺してないか?自身が殺した『もう1人の自分』の幻影に苛まれはしないか?理想を追うあまりマクベスの様に知らず知らずのうちに自滅の道を進んでいないか?っていう裏メッセージだったりして!深読みだけど!!!

原作のマクベスは他者を殺すことにより理想(王位奪取)を実現していくんだけど、健人くんは自身を殺すことにより理想(のアイドル像)を実現しようとしてないか。そして理想を追うあまり無理し続ける健人くんを止める、つまり暴走したマクベスを止めるのが風磨くん!最高!

 

そして、風磨くんにマルカム(新潮文庫ではマルコム)を配役してくれたことに泣ける。

マルカムは父ダンカン王譲りの清廉潔白で情け深い人柄。しかし若さ故に自分に濡れ衣を着せようとしてる人を見抜けず、悪意ある者に濡れ衣を着せられてしまう。汚い手を使うことができず、マルカムの立場は窮地に追いやられていく。

ほら!10代の風磨くんを表してる!!真っ直ぐで周りの人を大切に思う人柄、若くて反抗期で綺麗事が言えなかったが故に言葉のナイフを向けられていた当時の風磨くんみたい…あぁ、泣く…!!

最終的に、マルカム陣は劣勢と思われた戦いを、機転を利かせた戦術と話術でマクベスを打ち破る。

ほら、風磨くんみたい!!知の力で劣勢を覆す風磨くんそのもの。

 

(補足:マクベス陣vsマルカム陣は原作の通りだけど、原作中で実際にマクベスに剣を突き刺したのはマルカム陣のマグダフという人物。トニトニではその辺割愛したんだと思う。‪一応原作の設定も書いておきます。)

 

トニトニではマクベス(健人くん)を殺したのは勝利くんなので、原作を尊重していると同時に、勝利くんもアイドルサイボーグ健人くんが身を滅ぼす前に止めたい心情が投影されてる。(はい、深読みです!)

 

健人くん、風磨くんのどちらが勝ったかは重要ではない。マクベスとマルカムの心情が当時のふまけんに投影できることが、エッモーショナー!(emotional)

 

そして当時、陽の立ち位置にあった健人くんに陰の役を、陰の立ち位置にあった風磨くんに陽の役を配置したことが素晴らしい。

 

マクベスの作中で魔女が唱える有名な言葉、

『きれいは穢い(きたない)、

           穢い(きたない)は綺麗』

原文『Fair is foul, and foul is fair. 』

これを、トニトニのたった一部分ですべて表現されていて素晴らしい。

 

あー考察と深読み楽しかった!

 

*****

 

補足。

マクベスは元々は忠誠心‬の強い優秀な武将だった。でも魔女に唆されて王位を狙うなら今しかない!とダンカン王を殺めてしまう。

でもマクベスは生来良い人だから、自分が殺めた人々を忘れられなくて、幻影に怯え続けてしまう。根は決して悪い人ではないんですね。

そして、新潮文庫の解題によると、史実を追うとマクベスがダンカン王を奪取する正当な理由があるそうです。

 

 *****

 

『Fair is foul, and foul is fair(フェアはファウルでファウルはフェア)』は訳が諸説あり、訳された方によって表現が異なるそうです。新潮は初心者でも読みやすいそうなので私は新潮文庫で読みました。‬

 

代表的な訳を載せておきます。

 

福田恒存訳(新潮文庫

『きれいは穢い、穢いはきれい』

 

小田島雄志訳(白水Uブックス)

『いいは悪いで、悪いはいい』

 

木下順二訳(岩波文庫

『輝く光は深い闇よ、深い闇は輝く光よ』

 

松岡和子訳(ちくま文庫

きれいは汚い、汚いはきれい。

 

安西徹雄訳(光文社古典新訳文庫

晴々しいなら 禍々しい、 禍々しいなら 晴々しい

 

河合祥一郎訳(角川文庫)

きれいは汚い。汚いはきれい。

Sexy Zoneだもの

 

こんにちは。

さて、突然ですが、私は小さい頃に相田みつをさんの作品に出会ってからずっと相田みつをさんの作品が大好きです。

 

今日、相田みつを美術館へ行き、ある作品を見て「これは聡ちゃんのことだ」と感じて、この記事を書くのことにしました。

私が思うSexyZoneのメンバーに合う相田みつをさんの言葉たち。書いていくんだもの。

順番は、私が思いついた順番だもの。

そして、眠いから文章がちょっと雑かもしれないんだもの。

 

 

さて、まずは、こちら。

 

 

松島聡くん

f:id:dokunuki414:20170624000332j:image

小さい頃から私はこの詩が大好きです。ムードメーカーっていますよね。その人がいるだけで場がパッと明るく柔らくなる人。私もそういう人にずっと憧れてて、なりたくて、なれなくて。この詩を見るたびにいつも思っていました。 今日改めてこの詩を見て、私がずっと憧れきた人って聡ちゃんみたいな人なんだなって。聡ちゃんがそこに、ただいるだけで。

 

 

さて、続きまして。

 

 

菊池風磨くん

f:id:dokunuki414:20170624001050j:image

あのとき(デビュー時)の苦しみも、あのとき(デビューできたのにキラキラトンチキソングばかりで自分のキャラクターじゃないと葛藤した)の悲しみも、みんな今の風磨くんの肥料になったんだなぁ。

風磨くんが唯一無二の風磨くんでいるための。

セクゾのメンバーのイメージに合う詩を選んでいてこの詩を見た時、「風磨くんはこれしかないな」と感じた。数ある相田みつをさんの作品の中で、これが一番風磨くんのイメージに合ってる詩だと思う。

 

 

中島健人くん

f:id:dokunuki414:20170624002329j:image

ケンティーをどれにするか、迷った。相田みつをさんが書く『道』のイメージとケンティーのイメージはとてもぴったりで、まっすぐで、いつも遠くを力強く見つめていて、とにかく一本道で、そしてとてもピュアで。そういう『道』を書いた作品は多いから、どれがケンティーに合うかなと。迷って選んだのが、これです。

これにした決め手は、『道はじぶんでつくる 道は自分でひらく』の部分がケンティーみたいなだなと。

迷った他の作品もそれぞれ素敵なので貼っておきます。

f:id:dokunuki414:20170624001737j:image

f:id:dokunuki414:20170624003027j:image

 

 

マリウス葉くん

f:id:dokunuki414:20170624003047j:image

始め、マリちゃんに合うことがなかなか見つからなかった。 マリちゃんみたいに、一点の曇りもない真っさらなまっすぐさは、相田みつをさんの作品に多くない。相田みつをさんの作品は人間臭さが書かれてるものが多い。
でも、この作品をみて「マリちゃんはこれだ!」って確信した。
ドイツから日本に来て、文化も言葉も違う国でマリウス葉という花をいのちいっぱい咲かせて。これが一番マリちゃんに合ってる。

 

 

佐藤勝利くん

f:id:dokunuki414:20170624003558j:image

この詩も小さい頃から大好きな作品のひとつ。

仕事が優先できる高校に進学したこと。ふまけんが言葉を交わさなかった間も2人を繋ぎ続けたこと。大学受験に合格したけど、仕事を優先すると決めて大学進学をしなかったこと。大切な人が先に旅立ってしまったこと。

人生の大きな決断や大きな節目でも、静かに廻り続けてきた勝利くん。ファンも気づかない、気づけないほどに、真摯に静かに廻り続けてきた勝利くん。この作品がとても似合うと思う。

 

 

 さて書いた。

気が済んだ。

 

初めてセクゾのコンサートに行って20歳の美少年が美しさの奥に秘めている強さに絶句したお話

 

こんにちは。
先日は、5TAGEツアーに参戦したらケンティーの言葉に本当に胸打たれて我が身を振り返ってしまったお話を書きました。

 

私は風磨担なので彼についても書きたいのだけど、自担だとなんだか上手くまとまらない。整然と整理された文章が書けない、雑然と整理された文章しか書けない(©︎ケンティー)。

 

なので今回は、勝利くんの言葉に絶句したよ、っていうお話です。

 

 

佐藤勝利くんの最後の挨拶。

 

 

『何十年も先まで、みんなのことを幸せに、

  絶対にしていくので、

  何十年先までどうぞよろしくお願いします。』

 

 

会場でこれを聞いて、絶句した。

 

本当に言ってる。

この人、本当に言ってる。

 

 

先に入られた方のレポで文面はなんとなく知っていた。実際に目の前でこの言葉を言う勝利くんを見て、

 

「この人は、一度や二度じゃない、何度もこの言葉を言ってるんだ」

 

という事実を肌で感じ、絶句した。

 

『何十年先』を見据えた強い意思。

そんな重くて強い言葉を、前の公演でも、その前の公演でも、そして今のこの目の前でも、この人は伝え続けてる。

 

 

少クラで好きな寿司ネタは『マンボウ』と答えれば、過去の雑誌でマンボウについて話していたことにすぐ気付く人がいて(うまいんだもん!ひー♡は本当に食べた感想だった)、未満都市の20年ぶりの復活が決まれば20年前の伝説のジャニーズJrの資料がザクザク出てくる(私も好きだったから過去資料に胸がときめいた)、 そんなオタクたちに日々囲まれている。

 

 

日々の些事でさえそうなのに、5周年ツアーで何度も強く伝え続けた言葉が、この先どれだけ残るか。

想像に難くない。

 

 

 もし自分が勝利くんの立場だったら?と想像し、ゾッとした。
『何十年先』を見据えた意思表明ができる事柄が、私にはあるのか?

もしあったとして、自分が発した言葉がこの先ずっと残ることを承知で、あんなに何度も何度も、強い気持ちで私には伝えられるか?

私は自信がない。

でも、勝利くんは『自信がある』と言った。

 

 

 

さすが、

Come on 勝利!!

Victory 勝利!!

We are thd world!!

※セクチャン焼き鳥回

 



私の心はすっかりくすんでしまっていて、『物事はある程度曖昧模糊にしておいたほうが、場合によっては融通が利くよね、そのほうがトラブルが起こった時に対応しやすいし、そんな感じで』と、曖昧さが日常の一部になってしまっている(←ほら、この文章自体が曖昧)。

 

曖昧さは衝突を回避するツールでもあるけど、はっきりとした言葉や態度は人と人とを繋ぐんだ、と勝利くんを見て思った。

 

 

Sexy Zoneの『何十年先』が見たい。

これからもSexy Zoneを見続けていきたい。

 

『何十年』経つ度に、

あれから10年経ったね、幸せだね

あれから20年経ったね、幸せだね

あれから30年経ったね、幸せだね

あれから40年経ったね、幸せだね、

                   平均年齢が還暦だね

って、幸せだねって言い続けて行きたい。

 

みんなと 5人の笑顔が 咲き続けますように

f:id:dokunuki414:20170517205043j:image

 

初めてセクゾのコンサートに行って本当に胸打たれて我が身を振り返ってしまったお話

 

こんにちは。

この記事は、一般的なSexyZoneの5TAGEツアーの感想とは毛色が違うと思うので、ツアーの良さを回想したい方はこの記事がお好みではないと思います。

また、はてなブログという不特定多数の人が見れる場所に上げることに、とてもどきどきしてるので、私の心臓が持たなくなったらこの記事は非公開にしちゃうかもしれません。どきどき。

1人のアラサーが、初めてセクゾのコンサートに行って本当に胸打たれて我が身を振り返ってしまったよ、っていうお話です。

 

 

さて。

 

 

私がセクゾに嵌ったきっかけは、「君にHITOMEBORE」の動画を見た事でした。健人くんの「好きなんだよ!マジで!!」を見て、なんか面白そう、「好きなんだよ、マジで!!」ってイケメンに言われて「キャーー♡」って言うおふざけしたい、なんか楽しい、楽曲も懐かしい感じだし(今思えばKinKi Kidsを聞いて育った私はあのマイナー調に懐かしさを感じたんだと思う)、なんか良いネタになりそう!!と思い興味を持ちました。

 

ここからセクゾに嵌り5TAGEツアーへ参加するまでをざっくり書くと、

  1. セクゾのキラキラトンチキソング楽しい
  2. セクチャンおもしろい
  3. 時かけの風磨くんのビジュアルで完全に風磨くんに落ちる
  4. 運命のシンメふまけんに嵌る
  5. ウェルセクの円盤が発売され我慢できずに購入、セクガル生活の幕開け

こんな感じです。前置き終わり。

 

 

さて。

私が入る事ができたコンサートは、横アリ5/6 1部。メンバーの過去の発言や、先に参戦された方々のレポは見聞きしていた。

でも、

自らの目で、

自らの耳で、

自らの肌で、

見聞きする彼らの言葉は、感じる熱量が全然違った。(ケンティーみたいに3つ並べてみた、LOVE ケンティー♡)

 

ケンティーこと中島健人くんは、

『運命は自分で切り開いていくもの』

『なりたい自分になるのに、遅すぎることはない』

と常々言っている。

コンサートに行く前の私は、その言葉を本当の意味で受け取っていなかったんだと思う。

 

「20代前半はそういう希望を持つのは大事だよね」「ケンティーと同世代の子達がそれに影響されて夢を追いかけるっていいよね、教育にいいよね」と、どこか他人事に捉えてしまっていた。老後のお婆さんみたいに。

 

でも、あの横アリの大きな会場で、

全力で歌い、

全力で踊り、

全力で駆け抜け、

(また3つ並べてみた、LOVE ケンティー♡)

 

 

 

『なりたい自分になるのに、遅すぎることなんてないんじゃないかな』

 

 と全身全霊で訴えかけるケンティーを目の当たりにし、ハッとした。

 

 

 

…あれ?

…やってみる前に諦めてしまってること、年々増えてないか?

 

 

…加齢だから仕方ない、体力が落ちてるから仕方ない、って周囲に馴染むフリしながら諦めたり逃げてることはないか?

 

 

…他人に期待しない、っていう大人の処世術を免罪符にすべてを安易に片付けてないか?

 

 

…”なりたい自分像”を描くことを、いつから辞めてしまった?

 

 

 

今までどこか他人事だった『なりたい自分になるのに、遅すぎることはない』の言葉が、急激に自分に向かってきた。

 

10代〜20代前半のように無条件に未来に希望は持てなくなってしまったし、SMAP夜空ノムコウの「♪あの頃の未来に僕らは立っているのかな、すべてが思うほど上手くはいかないみたいだ」と思うことも多い(本当に名曲ですよね)。

 

でも、なりたい自分を描き続けたり、なりたい自分に向かっていこうとすることに、年齢は関係ない。

その当たり前のことが、そんな当ったり前のことが、自分からすっぽり抜け落ちてた。

ありがとう ケンティー、LOVE ケンティー。

 

20代前半のように『なりたい自分=やりたい仕事』ではなくなったけど、もっと小さい事柄でも『なりたい自分』があるなら、なる努力を重ねていくことは必要だな、と。

 

20代を終えてひと段落し、すごく年取った気になって、物事を諦める事で解決する癖がついてしまって、 自分が自分に期待することをやめてしまっていたな、って。

 

 

『運命は自分で切り開いていくもの』

 

 

私はこの言葉には隠れている言葉があると思っていて

 

『(どうしようもなく絶望的で、一歩も前に進めないほどの状況でも、そこから更に一歩)運命を切り開いていくのは、自分』

 

だと思う。

※単語が前後した。そこはご愛嬌。

※あと、これは私の勝手な解釈だからケンティーがどう捉えてるかはわからない。

 

 

アラサーになって、キラキラアイドルSexy Zoneを好きになり、コンサートをきっかけに、まさか我が身を振り返ることになるとは思いもしなかった。

 

それだけ彼らが、

アイドルとして、

1人の人として、

魅力的だと思います。

(3つ浮かばなかった、LOVE ケンティー♡)

 

素敵な5TAGEをありがとうございました。

ただありがとう、これからもありがとう。